« 「創業200年」から学べること | トップページ | 前回のアカデミー賞受賞作を観てみる »

「THE 21」に、夏川が登場しました!

本日、発行の雑誌
PHP研究所の

『THE 21』3月号

に私が登場しています!
コンビニなどにも出ていますので、
チェックしてやってください。

メーンの総力特集は
「ノート術」のようですが、
私が登場しているのは、
“総力”を使ってないほうの
「特集」です(笑)

表紙の右下にありますが

「読むだけですぐに帰りたくなる
『残業セラピー』」

というコーナーですね。
誌上では、85ページ。
カラーでちゃんと
“顔写真”も出ていますよ!

特集では
心理カウンセラーの
笹氣建治さん。
コンサルタントの
松本幸夫さん。
と、コメントを寄せています。

私は何なのだろう?
「実際に残業しなかったヤツ」
の代表か?

ともあれ内容は
『「早く帰る=サボり」
という思考をやめよう!』
というもの。

まあ「どうして残業するか」
といえば、
結局のところ
「残業しない」より、
「残業する」のほうに、
自分自身が価値を
求めているんでしょうね。

まだ残業派が多いとすれば、
日本人の多くの人は、
やっぱり
「仕事好き」
なのかもしれません。

でも、
会社で実務をすることだけが
「仕事」じゃないですよね。
いろんなところで情報を収集したり、
自分なりの考え方に、
もっと磨きをかけたり……と。

それが別に
「テレビを観る」
ことを通してだって、
「ゲームする」
ことを通してだって、
別に構わないと思うんです。

ただ「自分の仕事」に付加されている
「意味」をもっと探れば、
「残業するより、
いまの自分には変えるほうが大事だ」
ということになると思います。

まあ、だんだん世は
「同じことをどれだけやっているか」
よりも
「どれだけ人との違いがあるか」
のほうが
評価される時代になってきています。
そうしたら
「いつもと同じこと」
しかできなくなる社内時間より、
「自由に使える」
社外時間を確保することが
重要になるかもしれませんね。

517vnnk1bcl_ss500__2

|

« 「創業200年」から学べること | トップページ | 前回のアカデミー賞受賞作を観てみる »

お仕事のページ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/33322805

この記事へのトラックバック一覧です: 「THE 21」に、夏川が登場しました!:

« 「創業200年」から学べること | トップページ | 前回のアカデミー賞受賞作を観てみる »