« 「花の力」で目の前の問題を解決する | トップページ | ゴディバ婦人の武勇伝 »

バンクーバーの心意気

本日は少し朝寝坊
だったんですが、
起きてパンなどをかじりつつ、
コーヒーなどを飲みながら
テレビをつけると、
おっと、画面は
バンクーバー。

ちょうど始まるところでしたね。
オリンピックの開会式。
そのままセレモニーを
見続けてしまいました。

今日の夜も、
その模様は再放送されるようですが、
もちろん日本選手の入場あり、
聖火の点火あり、
ちょっと懐かしいのですが、
私の大好きな
ブライアン・アダムスなども
登場していました。

ただセレモニーで目立ったのは、
やっぱり今回
「先住民文化」を
非常に重んじている、
ということでしたね。

VIP席には先住民代表の方も
座っていたし、
オープニングにもまず、
バンクーバーに居住する
4部族の代表が登場。
その後はカナダ全域からの
部族代表が集まり、
踊りながら選手たちを迎えていましたね。

写真は一昨年前ですかね。
私自身がバンクーバーに訪れたとき、
町の中心、
スタンレーパークで撮ったもの。
「トーテンポール」ですね。

実は「トーテンポール」は、
この地のインディアン文化を
象徴するもの。
少し離れたヴィクトリアという町にある
「ブリティッシュ・コロンビア博物館」
にも足を運んだのですが、
これのスゴいのが
たくさん保存されています。

まあその子孫たちが、
現在もカナダでは暮らしている……。
でも、その生活は決して
豊かではないようです。
アメリカでも社会問題化していますが、
やっぱりカナダでも
先住民社会の貧困が進み、
自殺率なども、
かなり増えているとか。

もとはといえば、
もちろんこの地は、
インディアンたちの土地。
オリンピックで一番の恩恵を受けるべきも
彼らであるべきだ……
ということで、
今回は観光局なども協力し、
先住民文化のアピールを
強化しているんだそうですね。

ついつい忘れてしまいますが、
日本にだって、
保護すべき先住民文化はあります。
せっかくの
バンクーバー五輪なのですから、
スポーツ観戦だけでなく、
こうした問題にも、
目を向けてみるのはいいことでしょうね。

Img_0149

|

« 「花の力」で目の前の問題を解決する | トップページ | ゴディバ婦人の武勇伝 »

公私混同の時間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/33363574

この記事へのトラックバック一覧です: バンクーバーの心意気:

« 「花の力」で目の前の問題を解決する | トップページ | ゴディバ婦人の武勇伝 »