« 琉神さんの、素晴らしい公演! | トップページ | 雑誌の取材と気になる新刊の評価 »

4歳で1億円ビジネスを立ち上げた女の子

(※「できる人研究所」は、こちらの「賀央会サイト」が公式です)

[私、夏川賀央は、ビジネス書作家です。
 ふつうビジネス書作家であれば、

「仕事に役立つ本」を紹介していくのが筋だろうとは思います。
 けれども、夏川は“逆転発想”をテーマとして、いままで本を書いてきました。
 だから私の書評では、仕事に役立つかどうかを別にして、

「思考の土台を根本的に変えるきっかけになりそうな本」を選んでいきます。
 いったいどんなものが集まるか……それはわかりません。
 ただ集めておけば、自分に役立つかも、ということで、

 きわめて個人的な読書ノートをつくっていきます]

今回紹介するのは、
「絵本」ですね。

『ちっちゃなアレックスと
夢のレモネード屋さん』

というもの。
戎光詳出版さん、
というところから
発行されています。

この本の主人公は、
アレクサンドラ・スコットちゃん、
という実在した女の子。

4歳にして
「レモネード販売」
のビジネスを始め、
70万ドル……という
お金を稼いでしまった女の子です。

若くして成功した起業家は
数多かれど、
これほどの若さというのは、
普通いないでしょうね。

実は彼女、
テレビなどでも一時、
有名になりましたから、
ご存知の方も多いかもしれません。

生まれたときからすでにして、
「小児がん」
に侵されていたわけです。

彼女は闘病生活のなか、
自分のような苦しんでいる子が
大勢いることを知る。
さらには、
お金がなくて
治療すら受けられない子も
たくさんいることを知る。

「じゃあ何かしてやろう!
と、
彼女はレモネード屋さんを
始めました。
稼いだお金を、
小児がん患者の支援や、
医療技術の開発に役立ててもらおう
……と。

もちろん闘病生活をしながら、
ですから
簡単なことではありません。
それでも、
「ゼッタイにやる」と譲らない。
お兄さんと一緒に、
「アレックス・レモネード・スタンド」
を立ち上げてしまいます。

がんの4歳の女の子が、
自分自身や
同じ苦しみを持つ子どもたちのために
始めた事業。
その輪はアメリカだけでなく
世界にまで波及。

だから、最後には
「すごい収益」
をも実現しました。

ただ、残念ながら
アレックスちゃん。
8歳のときに病気が悪化して、
この世を去ってしまいます。

でも彼女から学べることは
とても大きいと、
私は思います。

絵本はそのアレックスちゃんの
奮闘記を伝えるものですが、
何より4歳の子が
不可能を可能にしたんです。
私たち大人が、
ちょっとしたことで挫折なんて
してはいられないですよね!

51aqf118syl_ss500_

|

« 琉神さんの、素晴らしい公演! | トップページ | 雑誌の取材と気になる新刊の評価 »

常識転換の読書術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/33506926

この記事へのトラックバック一覧です: 4歳で1億円ビジネスを立ち上げた女の子:

« 琉神さんの、素晴らしい公演! | トップページ | 雑誌の取材と気になる新刊の評価 »