« とにかく壮大で美しい、すごい映画です! | トップページ | 「癒しの仕事」と「演奏家への道」 »

自分の選択肢をたくさん持つには

本日の夕方は、
ソフトバンク系列の
「アイティメディア」
という会社の、
編集担当の方と
打合せをさせていただきました。

こちらでは
「@IT自分戦略研究所」
というサイトを運営しているのですが、
ここで今回、
ちょっとした記事を書くことに
なったんですね。
有り難いことです。

「@IT自分戦略研究所」
とは、こちら。
http://jibun.atmarkit.co.jp/
ええ、
実はエンジニアさんとか、
SEさんとか、
プログラマーさん向けの
サイトなんですね。

記事の内容は
「まだ内緒」ですが、
私、夏川といえば、
知ってのとおり
非効率だの、
公私混同だのを説いている作家です。

それがIT部門の人たち向けだ……
というと、
何だかえらく、
ミスマッチにも思えますよね。

でも、そうじゃないようなんです。

編集者さんの言うことには、
2010年はITにとって変革期。
専門のことしかできない人は、
どんどん淘汰されるかもしれない。
そんななかで
「非効率」や「公私混同」で、
自分ののりしろを増やしていくことは、
最重要課題ではないか……
と、
おっしゃるんですね。

確かに
「クラウドコンピュータ」
なんて概念があります。

グーグルなんかが提唱していますが、
すでにある程度のフォーマットが提供され、
サイトにアクセスすれば、
中のものを自由に使用できる。
そうなると、
「エンジニアさんが会社がやってきたこと」
も、
もはや不要になったりする。
「人ができないこと」ができる人
でないと、
だんだんと厳しい状況に
陥っていく可能性もあるんですね。

私はとある先生に、
「これからは
 剣山型の人間にならないとダメだね」
という話を聞いたことがあります。
つまり
“一点特化”でなく、
「得意技」のようなものを
「いくつもいくつも」
持っていないと、
この時代には対応できないということ。

では、
たくさんのことをどう学ぶかといえば、
仕事外の経験値を積み、
違ったことを知っている仲間を
たくさんつくるしかない……。

エンジニアに限らず
「非効率」「公私混同」は、
これからカギになるかもしれませんね。

写真はアスペクト刊の
なぜ、仕事ができる人は
 効率を無視するのか?

です。

4757214987_2

|

« とにかく壮大で美しい、すごい映画です! | トップページ | 「癒しの仕事」と「演奏家への道」 »

効率無視の仕事術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/32973501

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の選択肢をたくさん持つには:

« とにかく壮大で美しい、すごい映画です! | トップページ | 「癒しの仕事」と「演奏家への道」 »