« 「癒される」って一体どういうことだろう? | トップページ | お待たせしました。夏川16冊目の本です! »

真夜中に工事をする「できる人」たち

写真は何やら
怪しい心霊スポット……
みたいですが、
そうではありません。

私が毎日のように往復している、
細い裏道なんですね。

この道、最近は、
真夜中になると
道路工事をやっております。

おそらくは水道工事かなんか
でしょうが、
道が細いから、
ほぼ塞いでしまう形になる。
そんなわけで邪魔にならないように、
真夜中にやるんでしょうね。

でも、ときどきは
真夜中まで仕事をする私です。
遅くなると、
この工事のど真ん中を
通ることになります。
だから、
「ちょっと通してね」
となるのですが、
そういうとき、
工事現場の人たちって、
実に丁寧ですよね。

「申し訳ありません!
いま、作業を止めます」
と丁重にお辞儀し、
現場の人たちに伝える。
それで
「こちらをお通りください」
と、わざわざ前を歩いて、
案内してくれるわけです。

おまけに最後。
反対側で警備している人が、
ポールをどけて、
「迷惑をかけて
申し訳ありませんでした」
と、お辞儀。

たとえるのも変ですが、
まるでリッツ・カールトン・ホテルばりの
連携した接客でした。

あらためて考えると、
寒い中、工事の人も大変ですよね。
「オレたちだって、
こんな状況で、やりたくないんだよ」
と思っていることでしょう。

でも、
「通行人」に対しては、
すぐに「迷惑をかけている方」と
対応できる……。

当たり前のようでいて、
案外と、やるなあ……なんて
思ってしまいました。
私たちも
見習わなければいけませんね。

100126_222309

|

« 「癒される」って一体どういうことだろう? | トップページ | お待たせしました。夏川16冊目の本です! »

夏川が出会った「デキる人」たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/33158938

この記事へのトラックバック一覧です: 真夜中に工事をする「できる人」たち:

« 「癒される」って一体どういうことだろう? | トップページ | お待たせしました。夏川16冊目の本です! »