« 誕生! 日中韓台が手を結ぶ出版社 | トップページ | 「ものづくり」の発端はこんなことから »

2012年に何が起こる?

久々になりますが、
映画の紹介です。

『2012』
という映画。

まあ、話題になりましたね。
地球滅亡の危機に、
人類が果たしてどう生き残るか……。
『デイ・アフター・トゥモロー』
『アルマゲドン』
『ディープ・インパクト』
考えてみたら、
この手の映画、
私は全部、見てますね。
案外、好きなのかも(笑)

この映画の魅力は、
なんといっても映像
でしょうね。

地震で都市が崩壊する中を
かけめぐるリムジン……。
火山の噴火をかいくぐるセスナ機……。
津波にのまれる、豪華客船と。

まあ、CGはここまでできるんだな
と関心します。
ストーリー云々よりも、
この規模の大きさを考えたら、
映画館で観て損のない映画でしょうね。

ご存知のように、
2012年、
「マヤの予言」
で記されていると“解釈できる”
こともあり、
このところは「終末思想」も
出てきております。

事実は仮に2012年を
「滅亡日」
としても、
マヤの世界では何回か滅亡があり、
それらがサイクルになっているとか。
今のサイクルも
前回の「滅亡」から始まっていますが、
その“前の滅亡”時に何があったかといえば、
何も確認されていないそうです。

もう一つ、
映画でも地球滅亡の原因になりますが、
2012年に
太陽の活動が極大期を向かえる
という話があります。
それが地球の中心に影響を与え、
地軸のズレが起きたり、
大陸移動が起こったりと、
映画ではすごいことになるんですね。

けれども、その太陽、
現在は黒点数が少なくなり
むしろ活動の低下が懸念されている……
なんて話もあります。

最近は否定されているようですが、
かつて私が読んだ本には、
マヤ文明は
終末思想を持っていたために、
結果的に衰退してしまったのではないか……
という説が述べられていました。

たしかに
「来年、世界が終わる」
と言われたら、
仕事がんばろう……とか、
将来の計画を練ろう、
なんて
気分がなくなりますよね。
みんながそんな具合だったら、
経済もまわらなくなります。

ということは、
やっぱり予言も、
その程度に解釈しておいたほうが、
私たちにとってはトク
ということではないでしょうか。

0911062012movieendworldfearsmayapre

|

« 誕生! 日中韓台が手を結ぶ出版社 | トップページ | 「ものづくり」の発端はこんなことから »

公私混同の時間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/32759149

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年に何が起こる?:

« 誕生! 日中韓台が手を結ぶ出版社 | トップページ | 「ものづくり」の発端はこんなことから »