« 「路上販売」に参加してきました! | トップページ | 年の瀬には神さまに感謝 »

「人を大切にできる組織」がやっぱりうまくいく

昨日、
実は「賀央会」の打合せで、
静岡に行く、
という予定が入っていました。

このブログでも紹介したのですが、
そちらが延期になり、
残念な反面……、
準備万端でテレビの前に
スタンバイすることができました。
そう、
クラブワールドカップの決勝戦
ですね(笑)。

結果はご存知の通り、
終了間際で同点に追いついた
バルセロナが
延長戦後半にメッシの
胸で決める執念のゴール。
見事にアルゼンチンの
エストゥディアンテスを破りました。

バルセロナのサッカー、
美しいだけでなく
粘り強いですよね。
さすが“史上最強”。

前にも紹介しましたが、
このバルセロナのサッカー。
すごいのは、メンバーの多くが
「カンテナ」と言われる、
小学校くらいから学ぶ
「下部組織」
の出身者だということです。

昨日のメンバーでも、
プジョル、メッシ、シャビ、ピケ
ブスケス、キーパーのバルデス
ゴールを決めたペドロに
怪我で出られなかったイニエスタ
……と、
まあ、珍しいと思うんですが、
ほとんどが
「チームが育成した選手」
なんです。

“即戦力”が求める
プロスポーツの世界。
トップチームはお金をかけて
優秀な人を集めます。
けれども、結果は
人材育成に手間をかけたチームが
頂点に立っているわけです。

これはビジネスでの世界でも、
学ばなければいけないことですよね。

そろそろ告知していいと思うのですが、
来年1月に
夏川賀央の
『すごい会社の、すごい考え方』
という本が出ます。

「成功している会社の考え方を
個人の仕事に生かそう」
という趣旨、
なんですが、
やっぱり、やり方は違えど、
「人を大切にする」
という発想は、
「いま、うまくいっている会社」
の共通点かもしれません。

たとえば、
“ミツバチの組織”と形容されるくらい、
徹底的なエリート教育を施す、
サムスン電子。
あるいは「会社の理念」を
アルバイトにまで徹底的に浸透させる
スターバックス。
社風は自由だけど、
その人材選抜にはものすごい投資をする
グーグル……。

いずれも、
「人」に対する力の注ぎ方が
尋常ではないんですね。
それがやっぱり“強み”に
なるのでしょう。

「うちにはロクな人材はいない」
なんて嘆く経営者は、
根本的に間違っている
のかもしれませんね。
(写真はAsahi.comより)

Rtr200912200003

|

« 「路上販売」に参加してきました! | トップページ | 年の瀬には神さまに感謝 »

効率無視の仕事術」カテゴリの記事

コメント

新刊楽しみです!
WEB会社の社長にプレゼントしようかなと思いますpresent

投稿: たにぐち | 2009年12月24日 (木) 14時41分

ありがとうございます!
いい本にしたいなあ……。

投稿: 夏川賀央 | 2009年12月24日 (木) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/32674869

この記事へのトラックバック一覧です: 「人を大切にできる組織」がやっぱりうまくいく:

« 「路上販売」に参加してきました! | トップページ | 年の瀬には神さまに感謝 »