« 「人を大切にできる組織」がやっぱりうまくいく | トップページ | できる人ほど、まめに動いている! »

年の瀬には神さまに感謝

写真の人形の紙人形、
昔につくった「紙ずもう」を
彷彿させますが、
オモチャではありません。
実は神聖なもの
なんですね。

一年に2回、
6月と年末だそうですが、
古い神社では
「大祓」という神事が行なわれます。

夏川は今年が、
「厄年」だった関係で、
神奈川県の「寒川神社」で
お祓いをしてもらっています。
その関係で、
「大祓」
のシーズンになると、
この紙人形が
毎回、送られてくるわけですね。

人形には、
自分の名前と生年月日を書きます。
そしてまた神社に送り返す。
それとともに、
ちゃんと思し召しの
「初穂料」も振込ります。

すると神社では、
「大祓」のときに
この人形をたぶん焼くんでしょうが、
そのときに
「厄」を
落としてくださるわけです。

まあ、商売上手ですが、
それはそれで有り難いですよね。

確かに今年は厄年
ですが、無事、体も健康で、
仕事も順調でした。

実は夏川賀央の著書は
『なぜ、ビジネス書を読んでも
「仕事ができる人」になれないのか?』
(アスペクト刊)

『仕事ができる人は、
 仕事ができる人を真似ていく』
(講談社刊)
の2冊、と少なかったのですが、
すでに来年には、
新しい出版社から1冊、
老舗のビジネス出版社から2冊と、
3冊の発行が決まっています。

本当に有り難いことですよね。

それ以外にも、
今年はセミナー講師の仕事を多く
いただいたり、
賀央会」も
結成されました。
だとしたら、引き続き、
神さまにはお願いするしかありません。

ということで、
すでに名前を書き、
寒川神社さんに送っております。

別に私も
スピリチュアルな人間ではありませんが、
こういう「神事」に参加しておくと、
いいことがありそうな気持ちになります。
ちょっとした投資で
心が明るくなる……とすれば、
習慣を持っておくのは
いいことですよね!

091216_193730

|

« 「人を大切にできる組織」がやっぱりうまくいく | トップページ | できる人ほど、まめに動いている! »

公私混同の時間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/32689346

この記事へのトラックバック一覧です: 年の瀬には神さまに感謝:

« 「人を大切にできる組織」がやっぱりうまくいく | トップページ | できる人ほど、まめに動いている! »