« 「公私混同」な編集打ち合せ | トップページ | 夏川がドカーンと、見開き2ページの写真で出ています! »

「高いところから見た視点」を頭の中に

いま日本で一番高い建物は……
といえば、
現段階ではまだ
333メートルの
「東京タワー」だそうです。

一方で
“最も高いビルは”
ということになると、
横浜にある
「ランドマークタワー」ですね。
こちらは295・8メートル
だとのこと。

でも、
「展望台」ということで見ると、
実は東京タワーよりも
ランドマークタワーのほうが
高いそうです。
「一番高い建物からの景色」
を見ようとすれば、
横浜に行かなければいけないんですね。

でも、その景色がどんなものか?
といえば、
写真ですね。

まあ、先日機会があって、
展望台に行ってきました。
東京タワーから見る景色だと、
「うちはどっちだろうな?」
なんて感じですが、
こちらからだと景色にもずいぶん、
バリエーションがあります。

写真は海の方向ですが、
でっぱった三浦半島の先に、
房総半島が見えている。
反対側には山がこんもりしたところ、
ああ、あそこは鎌倉か……
なんて感じ。

つまり、あらためて
日本の地形を考えさせるような
景色の見え方なんですね。

そうするとよく言われる、
「ミクロな視点」と、
「マクロな視点」
ということが頭に浮かびます。

日々、地上で生活をしていると、
どうしても
「ミクロな視点」で
ものを考えがちですよね。
自分の周囲でしか見ていないから、
どうしても
小さなことにこだわってしまう。

でも、視点をずっと上に持っていて、
大局からもの見てみると、
気づかなかったことが、
広く発見できるもの。

たとえば、
つい、先般に終わった
「事業仕分け」
なんていうのも、
いままで「国家」という
広い視点で見なかったから、
どれだけムダなことをしているかも、
あまり考えられなかったわけでしょう。

仕事にも案外と、
そういうところがあります。
会社全体、
あるいは経済全体から見て、
いまやっていることより、
もっとやるべきことがあるのではないか
……とか。

まあ、
そんな視点の切り替えをするのに、
「展望台」
に昇ってみるのは、
案外と有効かもしれませんよ。

091127_143051

|

« 「公私混同」な編集打ち合せ | トップページ | 夏川がドカーンと、見開き2ページの写真で出ています! »

効率無視の仕事術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/32417753

この記事へのトラックバック一覧です: 「高いところから見た視点」を頭の中に:

« 「公私混同」な編集打ち合せ | トップページ | 夏川がドカーンと、見開き2ページの写真で出ています! »