« 「韓国版」が発刊になり、あらためて考えてみる | トップページ | 「起こった場合のこと」を、つねに考えておく »

線路をピザが走る!……もあり?

すっかり恒例になった、
「甥っ子」ネタです(笑)

いや、先日、
金沢のお土産を届けに行き、
ついでにちょっと
近くのショッピングセンターに
遊びに行きました。

オモチャ売り場に行くと、
“子どもたちが遊べるように”
と、
電車のオモチャが用意されている。

でも、写真、
わかるでしょうか?

甥っ子が線路の上を走らせているのは、
電車ではありません。
いったい何?
これピザが出てくる窯のようなもの
なんですね。

他にも甥っ子は、
「スパゲッティ」も運行させていました。
駅で待っている人は、
さぞビックリするでしょうな(笑)

なんで?
ようするに
用意されている電車が
一台もなかったんですね。
誰かが持っていたのかもしれません。

電車のオモチャなのに、
電車がない。
普通なら、
「遊べないな!」と思ってしまいます。
事実、そう言って悔しがっている
子どももいました。

でも、我が甥っ子、
隣の「ままごとセット」のようなオモチャから、
ちょっとこの「ピザ」を拝借し、
それを電車代わりに、線路で動かし出した……
ということなんです。
よくわかんないけど、
結構、本人は楽しんでいました(笑)

バカなことを……
と思うかもしれませんが、
私たちは結構、
仕事で同じような状況に
遭遇していると思うんです。

「時間がないから◯○○ができない」
「機会がないから◯◯○ができない」
「実力がないから◯◯○ができない」

けれども甥っ子は、そうではない。
「なければ、どうやって遊べるだろうか?」
と、逆に発想して、
「線路を走るピザ」
を導き出したわけです。
それで十分、答えにはなっていますよね。

子どもならでは……ではありません。
この発想こそ、
私たち大人が見習うべきことでは
ないでしょうか?

091005_141821

|

« 「韓国版」が発刊になり、あらためて考えてみる | トップページ | 「起こった場合のこと」を、つねに考えておく »

効率無視の仕事術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/31690832

この記事へのトラックバック一覧です: 線路をピザが走る!……もあり?:

« 「韓国版」が発刊になり、あらためて考えてみる | トップページ | 「起こった場合のこと」を、つねに考えておく »