« 小さな集団が、激動の時代を生き抜く智恵 | トップページ | 金沢で体験した、「お客さんと仲良くなる」工夫 »

できる編集長さんたちから学べること

昨日は佐藤富雄先生主宰の
「作家養成講座」
が大手町で行なわれました。

今回はレクチャー。
大和書房と編集長さんと、
朝日新聞社さんの編集長さん
がお二人、
「作家になりたい」
という生徒さんたちに
講演をしてくださったのですね。

このお二人、
実は私も古くからお付き合いのある
方々です。
しかもかつて編集者だった私には、
先輩に当たる方々。
講師参加ではあるものの、
今回は若輩作家として、
心してお話を聞かせていただきました。

まあ、さすが
大きな仕事を実践してきた方々です。

大和書房の編集長さんは、

「言いたいことがしっかりある人とでないと、
仕事をしたいとは思わない」

と、おっしゃいますし、
朝日新聞出版の編集長さんは、

「自己啓発の本を書くなら、
やはりその本人が啓発に値する
“本物”でないといけない」

と言います。

さすが含蓄がある……けれど、
胸にヅキっと応えたりする。
できてるかなあ……(苦笑)

ともあれ、本来は裏方で、
表で話す機会の少ない
「編集者」
の方々です。
その考えをお聞きすることは、
別に本を書く人でなくても、
役に立ちますよね。

いい話を聞かせてくださり、
ありがとうございました!

こういう普段話さない人たちのお話を聞くと、
いろいろな意味で刺激になります。
賀央会」にも
当初の設立メンバーとして、
やはりナナコーポレート・コミュニケーションズの
T編集長が参加してくださっています。
けれども、
ぜひぜひ編集をやっている方には、
私の仕事がら参加してもらいたいなあ……
なんてボヤいてみたりする(笑)

なお朝日新聞社さんでも
お仕事が進行中ですが、
大和書房さんで、
つい最近、編集協力させていただいた
伊藤真先生の
『結果をすぐ出す超思考法』
大好評で、
すぐに重版が決定しています。
いい本ですので、
ぜひみなさんにお勧めします!

51w1abniol_ss500_

|

« 小さな集団が、激動の時代を生き抜く智恵 | トップページ | 金沢で体験した、「お客さんと仲良くなる」工夫 »

夏川が出会った「デキる人」たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/31730901

この記事へのトラックバック一覧です: できる編集長さんたちから学べること:

« 小さな集団が、激動の時代を生き抜く智恵 | トップページ | 金沢で体験した、「お客さんと仲良くなる」工夫 »