« 「展示されない歴史の重み」を考えてみる | トップページ | 「お気に入りのトランプ」ってありますか? »

自分をわかりやすくアピールする手段

「ぼけちゃったら、
 何もわからなくなって、
 それでおしまい?」

「そうじゃないよ。
 できることはたくさんあるんだよ」

こちらのサイトにある映像。
http://ameblo.jp/teradamariko/
こんなメッセージを含んだ、
非常に感動的なものです。
勧められて見て、
ちょっとジーンとしてしまいました。

サイトを見てわかるとおり、
こちらは作家であり
翻訳家でもある
寺田真理子さんが創った動画。

現在は認知症介護のノウハウを
普及活動しているんですね。
最近は写真の
認知症の介護のために
知っておきたい大切なこと

(筒井書房)
という本も翻訳しています。


私の祖母も、
現在は認知症で施設に入っています。
遠くはるばる訪ねても、
もはや自分が誰だかはわからない。
やっぱりそうなってくると、
世話をしていくのは大変ですよね

けれども、
認知症の性質をよく知れば、
コミュニケーションは
大いに可能なんだそうです。
するとやっぱり
介護する側の気持ちも変わってきます。

介護の問題が深刻化する現代に、
「正しい知識」
を知ることで
実は私たちの負担も
減ってくるんでしょう。

寺田さんは、
「そういうことをよく知ってもらおう」
ということで、
ちょっとした「イメージ動画」
をつくり、
youtubeなどへの配信を始めたそうです。

これはとてもわかりやすいですよね。
いまは簡単につくれるそうですから、
自己アピールの手段として
活用できるのではないでしょうか。

「賀央会」でもつくりましょうかね……。

すでに会の登録をしてくださった方が
全国に増えております。
で、
「これから何をするの?」
という質問も、最近はチラホラ……(苦笑)。

まあ、待ってくださいまし。
現在、新しいサイトを立ち上げようと、
いろいろ画策しているところ。
近々、撮影なども行う予定です。
楽しみにしてください。

「賀央会」は
「できる人」
「できる人になりたい人」
「できる人に会いたい人」など、
多くの人を集めて、
公私混同の発展型コミュニティを
目指すものです。
詳しくはこちらのページで案内しています。
http://gao-kai.com/

51jycf1mx9l_sl160_

|

« 「展示されない歴史の重み」を考えてみる | トップページ | 「お気に入りのトランプ」ってありますか? »

夏川が出会った「デキる人」たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/31963134

この記事へのトラックバック一覧です: 自分をわかりやすくアピールする手段:

« 「展示されない歴史の重み」を考えてみる | トップページ | 「お気に入りのトランプ」ってありますか? »