« 筆談ホステスさんから学べること | トップページ | こだわってみると、それが「ウリ」になる »

「ムットーニ」って知っていますか?

「ムットーニ」って、
皆さん、ご存知でしょうか?

いや私も昨日、
その世界を初めて知ったのです。
このイタリア人っぽい名前は、
武藤政彦さん、
という芸術家の通称であり、
同時にその作品を表す名称。

で、作品が何かといったら、
人形を使った
「からくり箱」
なんですね。

じつは昨日行った場所は、
東京は世田谷区にある
「世田谷文学館」
という場所。

今週で終わってしまうのですが、
現在は
『anan』や『BRUTUS』
のロゴデザインを手がけたことでも知られる
アートディレクターであり、
絵本作家でもある
堀内誠一さん、
の企画展が行なわれています。

まあ、また堀内さんについては
また紹介しましょう。
その展示を見るために、
はじめてここを訪れたんですね。

そうしたら常設展示で、
この「ムットーニ」
が置いてあります。

写真はその一部。
萩原朔太郎の
『猫町』
という作品をテーマにしたもの。

「ムットーニ」とは、
まあテレビくらいの大きな箱ですが、
スイッチを入れると、扉が開き、
人形が動き出す。
そうして朗読が始まり、
箱の中で物語が展開していくわけです。

人形の独特な味わいと、
音や光の演出。
動画やアニメーションでは表現できない、
じつに不思議な世界が
箱内で繰り広げられます。
いや、なかなか見事ですよ!

世田谷文学館では、
「世田谷を舞台にした作品」
のムットーニを
武藤さん自身に制作してもらい、
定時に実演しているようです。

京王線の
「芦花公園」
という駅のすぐそばになりますが、
ふらりと訪れるのも
面白いのではないでしょうか。

また「ムットーニ」は、
全国のいろんな場所に
置かれているようです。
より詳しく知りたい方は、
こちらのサイトが公式のようです。
http://www.muttoni.net/index.html


Nekomachi01

|

« 筆談ホステスさんから学べること | トップページ | こだわってみると、それが「ウリ」になる »

公私混同の時間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/31221271

この記事へのトラックバック一覧です: 「ムットーニ」って知っていますか?:

« 筆談ホステスさんから学べること | トップページ | こだわってみると、それが「ウリ」になる »