« 「その場の空気を変える」ということ | トップページ | 「好きな仕事」をやろうとするのでなく、「好きなこと」を仕事にする »

「300円のお弁当」の効果

恵比寿の事務所への通り道に、
「上海料理」をうたっている
中華料理のお店があります。

けっこう繁盛しているようですし、
「いつか食べに行こう」
なんて思っていたのです。
先日、お昼前に通りがかったら、
「お弁当」を売っています。

見るとその値段、
なんと「300円」です!

そんなに安いの?
と思いきや、
「缶のウーロン茶が、サービスで付きます」
と書いてあります。
ということは実質、
「200円」ってこと?

で、いくつかの種類があったのですが、
写真は購入して食べた
「焼豚入りのチャーハン」です。

安い分、量は多くないのですが、
それでも十分な味で、
けっこう美味しい。
「夜にちゃんと食べに来たいな」
と改めて思ってしまいました。

この
「ちゃんと食べに来たいな」
が、
一番肝心なのかもしれませんね。

実際、300円価格で、
どれくらいトクなのかは知りません。
案外と、
原価は思いっきり安い可能性もある。
賞味期限ギレとは言いませんが、
材料の余剰を
うまく使っているのかもしれません。

でも、
小さな中華料理店が作る分ですから、
それほど数ができるわけでもない。
正直、あまり売上には、
響かないでしょう。

でも、はじめて食べてみて
「ここ美味しいね!」
と感じれば、
あらためてちゃんと訪れるお客さんは
出てくる……。

とすれば「在庫処分」というより、
むしろ「広告効果」になる
のではないでしょうか?

そう考えると、
ひょっとしたら
大量のビラをポスティングするより、
よっぽど「効率的」なのかもしれませんね。
これは私の著書、
『なぜ、仕事ができる人は
「効率」を無視するのか?』
(アスペクト刊)
に通ずるかも……。

なんてことを感じた次第でした。

090820_112952

|

« 「その場の空気を変える」ということ | トップページ | 「好きな仕事」をやろうとするのでなく、「好きなこと」を仕事にする »

効率無視の仕事術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/31060005

この記事へのトラックバック一覧です: 「300円のお弁当」の効果:

« 「その場の空気を変える」ということ | トップページ | 「好きな仕事」をやろうとするのでなく、「好きなこと」を仕事にする »