« まず「人にできること」を考えてみる | トップページ | いかにバカバカしくても、生きることには価値がある? »

なんでも「組み合わせて」発想してみると……

先日、ある方に
「整髪料」のような感じの
ビンをいただいたんです。

何だろうなこれ……と、
キャップを外そうとすると、
それが伸びる。
で、ビンの部分を取ると、
あら不思議。
これが「折り畳み傘」なんですね。

面白いものがあるものです。
それを見つけるセンスもなかなか。
感謝感激でした。

まあ、この傘のように
「組み合わせてみる」ことで、
アイデアが広がることはあります。

写真は我が甥っ子が
滑り台を滑ろうとしているところですが、
滑る部分がガラス張りのようになっているの、
わかるでしょうか?

じつはこれ、
「水槽」
にもなっているんです。
中ではちゃんと熱帯魚が
泳いでいたりする。
まあ、魚がどう思っているかは知りませんが、
「お魚と遊ぼう」
という
コンセプトなんですね。

この施設は横浜中華街の中にある
「よしもとおもしろ水族館」
に付属した
「さかなの赤ちゃん水族館」
の中にあります。

魚やカメなどの
「赤ちゃん」が集められていたり、
かのクリオネもいたりと、
それなりに珍しいものはいるのですが、
それ以上に
「さすが吉本興行」という
組み合わせの妙が
ここでは面白かったりします。

たとえば水槽の中に
「お寿司やさん」
がつくられていて、
そこでヒラメや鯛などの
「寿司ネタ」
になる魚が泳いでいたり……とか。

よく言われる話ですが、
「ポストイット」
というのも、
「貼ってそのあとで剥がせる糊」
をつくったけれど、
用途が不明でボツになってしまった。
ところが趣味で聖歌を歌っている人が、
「紙を栞のように貼っておくと便利!」
なんて気づいて、
それが大ヒットに結びついたとか。
こういう
「組み合わせのアイデアによるヒット」
は、
よくあることなんですね。

この水族館、吉本らしい
「かなり強引な発想」
に溢れてますので、
ちょっとした思考訓練に訪れるのも
面白いかもしれませんよ。

090604_134905

|

« まず「人にできること」を考えてみる | トップページ | いかにバカバカしくても、生きることには価値がある? »

効率無視の仕事術」カテゴリの記事

コメント

ポストイットって、のりが先だったんですか!知らなかった!

投稿: マーくん | 2009年6月16日 (火) 11時25分

3Mという会社だと思いますが、
なんか最初は、
「こんなもの使えん!」
という話だったみたいですね。
それが大ヒットになったのですから、
わからないものです。
ちなみに「ポストイット」は登録商標でしたね。
本当はマークを付けなきゃいけないのかも、です。

投稿: 夏川賀央 | 2009年6月16日 (火) 19時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/30121402

この記事へのトラックバック一覧です: なんでも「組み合わせて」発想してみると……:

« まず「人にできること」を考えてみる | トップページ | いかにバカバカしくても、生きることには価値がある? »