« 男性必見の、自信をつける法則!? | トップページ | ネガティブな環境だからこそ、「明るい人」が光る »

思いつきで「古墳」を見に行ってみる

たまに気まぐれで、
気分転換をはかる私です。
先日の晴れた日、
なんとなく愛車プジョーに乗り込み
その場で思いついたのが
「古墳」の二文字。

えっ?
ですがそれから数時間。
写真は埼玉県の
「さきたま古墳公園」
にある
「稲荷山古墳」です。
いわゆる
「前方後円墳」
というやつですが、
文字が彫ってある鉄剣が見つかって
有名になったところですね。

本には何度か書いているのですが、
じつは夏川、
大学時代は「考古学」という
いまのビジネス作家と
まったく関係のない勉強をしていました。

ですから「古墳」にも、
一定の知識はあるのですが、
とはいえエジプトを学んでいた私とは
専門外。
「さきたま古墳群」
があることが知られるこの地も
訪れるのは初めてでした。

まあ長年、
来たかった場所ではあったんですね。

そして来てみれば、
大きなだだっ広い平原に、
いくつもボコッボコッと、
古墳が突き出している。
この光景を見ると、
まったく非現実な世界に
迷い込んだ気持ちにはなります。
まあ、ギザのピラミッド……
とまではいかなくても、

古代の日本人、
なかなかやるじゃん!

という気持ちにはなりますわな。
この感覚を味わうだけでも、
行ってみる甲斐はあるかもしれません。

ただ過去の豪族の象徴たる墓も、
いまや地元の学生が足腰を鍛える、
ちょうどいい
「運動場」
になっておりました。
なるほどねえ。

けれども、この学生たちが、
観光客を見ると、
「こんにちは!」
と声をかける。
実に気持ちいいんですね。
これはこれで一つの発見でした(笑)

Img_0312

|

« 男性必見の、自信をつける法則!? | トップページ | ネガティブな環境だからこそ、「明るい人」が光る »

公私混同の時間」カテゴリの記事

コメント

古墳、今度行って見よう!

で、ワタクシがこのあいだアイホの全国大会で帯広に行ったときのハナシ。

リンクで地元の高校生ホッケープレーヤー達と顔を合わせる機会があったのですが、みんな「こんにちは!」と声をかけてくれるんですね。

現代の高校生、高校教育もなかなかやるぢゃん、と思ったのでした。

投稿: マーくん | 2009年6月22日 (月) 14時35分

そう都心から遠くないし、
「歩く」にはいい場所かもしれませんね。
文字どおり
「山あり谷あり」ですし。
健康のために現代人が活用するなら、
古代人もさぞ満足……かも。

投稿: 夏川賀央 | 2009年6月22日 (月) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/30212805

この記事へのトラックバック一覧です: 思いつきで「古墳」を見に行ってみる:

« 男性必見の、自信をつける法則!? | トップページ | ネガティブな環境だからこそ、「明るい人」が光る »