« 脳を活性化する「5色ボールペン」の力 | トップページ | カマキリ発見! »

ファラ・フォーセットさんに捧ぐ

先日、マイケル・ジャクソンさんが亡くなり、
このブログでも、
ちょっとした思い出を書きました。

世間的にも、
そっちがあまりに大々的に報道されたから、
こちらの「死」は、
小さな扱いになってしまいました。
でも、どちらかといえば、
私にとっては、
ずっとショックだったんです。

写真を見て、
わかる人は、わかる。
ファラ・フォーセットさんですね。

『チャーリーズ・エンジェル』
といえば、
ほとんどの人にとっては、
かのキャメロン・ディアスらが出た
映画なんでしょう。

でも、私が小学生のころか、
中学生のころか、
本シリーズがテレビでずっと
放映されていたんですね。
このときから生意気に
「海外作品好き」
になっていったのかもしれません。

ファラ・フォーセットさんといえば、
「永遠のセックス・シンボル」
なんん言われた人ですが、
私が中学くらいから
「映画」を観るようになったころ。
「女優と言えばファラ・フォーセット」
なんていう印象がありました。
ええ、本当に。

そうやって調べると、
「チャーリーズ・エンジェル」
だけでなく、
『キャノンボール』とか、
『スペース・サタン』とか、
「いかにも中高生が観そうな映画」
に数多く出ていたんですね。
懐かしい……。

知ってのとおり、
最近のフォーセットさんは、
「ガンの闘病生活」を
テレビ公開して話題になっていました。
内容には、
かなりショッキングな映像も多かったようです。

けれども、
そこまで「生」にしがみつく自分
をさらけだすことで、
同じ苦しみを持つ人に
勇気を与えたかった……。
「いま自分にできること」を。
一生懸命に模索した末での
チャレンジだったのだと思います。

ある意味、
「自分の死」まで「ネタ」にしようとする。
根っからの女優さんだったのでしょうね。

これも懐かしい名前ですが、
ずっと彼女を支えてきた元夫で、
往年の俳優、ライアン・オニールさんとの
再婚も伝えられたばかり。
予期されたことではあったのですが、
残念に思います。

若き日にいただいた「いい思い出」に
感謝するとともに、
安らかなご冥福をお祈りします。

Tnr0906260936009p5_3

|

« 脳を活性化する「5色ボールペン」の力 | トップページ | カマキリ発見! »

夏川が出会った「デキる人」たち」カテゴリの記事

コメント

青春のヒトコマと言えば、チャリエンと青体でしたね~。
青体?そ、青い体験!
http://www.amazon.co.jp/Malizia-サルバトーレ・サンペリ/dp/B000CCGKGO/ref=sr_1_3?ie=UTF8&s=dvd&qid=1246446030&sr=8-3

投稿: マーくん | 2009年7月 1日 (水) 20時02分

「青体」のほうは、
私は馴染みないですけどね〜。
高校の頃は、
フィービー・ケイツや、
かのソフィー・マルソーが
一世を風靡していました。

投稿: 夏川賀央 | 2009年7月 3日 (金) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/30346572

この記事へのトラックバック一覧です: ファラ・フォーセットさんに捧ぐ:

« 脳を活性化する「5色ボールペン」の力 | トップページ | カマキリ発見! »