« いかにバカバカしくても、生きることには価値がある? | トップページ | 「行列のできるラーメン屋さん」で学べること »

究極のビジネススキル……「ありがとう」力

編集協力させていただいた本が
発売されましたので、
紹介いたします!

数日前のブログでも
20周年パーティのことを述べましたね。
その株式会社KURUUKUグループの
創業者であり代表取締役社長。
福原裕一さんの

『「ありがとう力」で会社は変わる』
(大和出版 本体1400円)

という本です。

KURUUKU(くふ楽)
というのは焼き鳥屋さんのチェーン店ですが、
その他に別業態の外食産業をいくつか。
さらにコンサルタント事業や
学習塾の運営も
グループでは行なっています。
その他、福原さんは
ラジオ番組でパーソナリティを務めたり。
またNPO法人
「HAPPY&THANKS」も立ち上げて
「ありがとうの輪を広げる」
という
活動をしていらっしゃいます。

大変な方なんですね。

でも、
この「ありがとう力」って、
一体、何なのか?
「お客さんに感謝する」
といった単純な話ではありません。

本ではその能力を、
こんなふうに定義しています。

「個人にとっては、
仕事全体を本当に楽しく、
価値のあるものに進化させる」

「経営者にとっては、
会社の売上をただ上げるだけでなく、
いつまでも持続可能である
強固な組織をつくりあげる」

前者は
「個人のモチベーションの源が
『感謝』である」
ということ。
後者は
「会社の理念の根底が、
『感謝』である」
ということでしょう。

だからこの会社では、
ほとんどの社員の口ぐせが
「ありがとう」
とくに上の人になればなるほど、
その言葉が自然に出てきます。

私も何度か本社を訪れましたが
「みんなが楽しそう」
というのが、その特徴です。
第一、入れ替わりの激しい飲食産業で、
3年間の離職率が
5パーセントというんです。
ほとんど社員が辞めていかない会社。
これは珍しいでしょうね。

けれども、
「ありがとうの空気」
をつくるには、
それなりの「仕掛け」が必要になります。
本書はそのためのノウハウを、
惜しみなく公開しているんですね。
ビジネスパーソン個人にも、
経営者や管理職の方にも、
かなりお勧めの本です!

411q3zjj5hl_sl500_aa240_

|

« いかにバカバカしくても、生きることには価値がある? | トップページ | 「行列のできるラーメン屋さん」で学べること »

お仕事のページ」カテゴリの記事

コメント

ありが党党首のわたくし、早速本屋に走ります!

投稿: マーくん | 2009年6月18日 (木) 12時06分

ヒルズのABCに一冊だけ配本されてたのをゲット!ツイてるぅ~。
ありが党ございます~!

投稿: マーくん | 2009年6月18日 (木) 14時13分

マーくんさん、ありがとうございます。
ぜひ「ありが党」として
普及くださればいいのではないでしょうか。

投稿: 夏川賀央 | 2009年6月18日 (木) 20時29分

党の指定書籍とさせていただき、普及を図ります!

投稿: マーくん | 2009年6月19日 (金) 12時19分

私も、ありが党メンバーに入れてくださいsmile

投稿: たにぐち | 2009年6月19日 (金) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/30151645

この記事へのトラックバック一覧です: 究極のビジネススキル……「ありがとう」力:

« いかにバカバカしくても、生きることには価値がある? | トップページ | 「行列のできるラーメン屋さん」で学べること »