« 「ちょっと親切にすること」の大きな効果 | トップページ | 映画雑誌『FLIX』の成功パターンに学ぶ »

映画に学ぶ……「レンタルビデオ店」が大繁盛してしまう理由

レンタルDVDで見た映画を一本、
紹介します。
これは間違いなく
「仕事に役立つ映画」ですね。
ジャック・ブラック主演のコメディ

『僕らのミライへ逆回転』
という映画です。

ジャック・ブラックは、
まあ「頭の変なヤツ」なんですが、
その友人が店員をしている
小さな町のレンタルDVDならぬ
“レンタルビデオ”店が舞台。
この店は
有名なジャズミュージシャンの生家、
とのことですが、
マンション計画で立ち退きを迫られています。

で、ある日「世界を変える」と、
発電所を爆破しようとしたジャックが、
逆に感電して、
磁気を帯びた体になってしまう。
それで友人のレンタルビデオ店に来るのですが、
磁気のせいで、
全部ビデオがダメになってしまう……。

ただでさえ経営難のお店です。
「『ゴーストバスターズ』を貸してほしい」
という常連のお客さんは来ている。
「一体どうしてくれるんだ!」
ということになります。

そこで画期的な秘策!
この二人は防護服のようなものを手づくりして、
背中に掃除機なんかを背負い、
ビデオカメラを持って出かけるわけです。

「これから二人で
 ゴーストバスターズを撮りに行くぞ!」
……と。
そんなバカな(笑)

けれどもこの調子で、
二人はまったく行き当たりばったりで、
『ラッシュアワー』だの
『ドライビング・ミス・デイジー』だの、
はてはアニメの『ライオンキング』まで。
おバカな即席映画をつくり続けます。

ところが、このおバカな映画が、
お客さんには大好評。
注文は殺到し、
「人手が足りない」
ということになったら、
観たいと言ってきたお客さんを
「じゃあ、あなたも出ますか?」
と、巻き込んでしまうわけです。
もう、
これはまったく別の形の
ビジネスモデルですよね。

けれどもその背景には、
自分を大切に育てくれた店長のお店を
潰したくないという
店員さんの情熱がある。
一方で、
「自分たちの町文化を守りたい」
という、お客さんの気持ちも、
通じ合っています。
だから最後は、
ちょっと感動する展開になるんですね。

「仕事の目的とは何か?」
「どうすれば現状を打開する、
 新しいアイデアを生み出せるのか?」
それを教えてくれる映画かもしれません。

Mirai20080823114256209

|

« 「ちょっと親切にすること」の大きな効果 | トップページ | 映画雑誌『FLIX』の成功パターンに学ぶ »

公私混同の時間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/29867328

この記事へのトラックバック一覧です: 映画に学ぶ……「レンタルビデオ店」が大繁盛してしまう理由:

« 「ちょっと親切にすること」の大きな効果 | トップページ | 映画雑誌『FLIX』の成功パターンに学ぶ »