« 発見! 踊る警備員さん | トップページ | なんとなく「恐竜」を見に行ってみる »

関根勤さんに学ぶ「明るく時代を乗り切る」方法

[私、夏川賀央は、ビジネス書作家です。
 ふつうビジネス書作家であれば、

「仕事に役立つ本」を紹介していくのが筋だろうとは思います。
 けれども、夏川は“逆転発想”をテーマとして、いままで本を書いてきました。
 だから私の書評では、仕事に役立つかどうかを別にして、

「思考の土台を根本的に変えるきっかけになりそうな本」を選んでいきます。
 いったいどんなものが集まるか……それはわかりません。
 ただ集めておけば、自分に役立つかも、ということで、

 きわめて個人的な読書ノートをつくっていきます]

そこで今回紹介するのは、

『バカポジティブ』
(ヴィレッジブックス新書)

というタイトルの本。
タレントの関根勤さんが
書いた本ですね。

私は何をかくそう、
この関根勤さんというタレントが
大好きだったりします。

理由はいくつかあるんです。
じつは関根さんは、東京生まれですが、
私と出身地が同じ。
小学校の先輩だったりします。

それから私が受験のころ、
『コサキン』
というラジオ番組があり、
欠かさず深夜に聞いていたことがあります。
(じつは社会に出て、たいてい
「私も聞いてました」という人とは
 気が合ったりする……)

それと、もう一つ、
テレビで初めて見たときは、
子どもごころに
“バカなことをやっているタレント”
と感じていました。
けれども、一歩一歩、
目立たないながらも自分の独自性を出し、
いまや
「この人しかいない」
という、
まったくオリジナルなタレントになった。
そんな変遷を
リアルタイムで見てきたからでしょう。

本書を見ると、その背景には、
独特な「前向き思考」が
あったことがわかります。
自分に起こることを
極力、明るくとらえ、

「皆が楽しいように」
「自分が楽しくなるように」

と考えてきたから、
「人に使ってもらえる人」
になっていくことができたんでしょうね。

たとえば居酒屋に入ったとき、
「とりあえずビール」
なんて言う。
これもちょっと変えれば、
「皆が楽しくなるんだ」
ということを関根さんは言います。

「すみません、いの一番にビールください!」
「僕ののどがビールを熱望しております!」
「ビール酵母バンザイ! ビールのシュワ〜! 最高!」

確かに……(笑)

まあ、経済不況に、政治不信に、
インフルエンザに……と。
あまり明るくない世の中です。
ちょっと言葉からでも変えていき、
明るく乗り切っていきたいですね。

41v4foxyxl_sl500_aa240__2

|

« 発見! 踊る警備員さん | トップページ | なんとなく「恐竜」を見に行ってみる »

常識転換の読書術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/29690091

この記事へのトラックバック一覧です: 関根勤さんに学ぶ「明るく時代を乗り切る」方法:

« 発見! 踊る警備員さん | トップページ | なんとなく「恐竜」を見に行ってみる »