« 心理学の大先生がおっしゃっていたこと | トップページ | 「ちょっと親切にすること」の大きな効果 »

FCバルセロナ、やっぱり強い!……その秘密は?

本日は、お昼と夜と、
打合せを抱えている身……なのですが、
少々眠い。
といって別に
徹夜で仕事をしていたわけではありません。
昨日の夜、
サッカーを見ていたからでございます(笑)

日本代表のチリ戦ではありませんよ。
3時半ころからやっていた、
ヨーロッパ・チャンピオンズカップの決勝。
「マンチェスター・ユナイテッドVS
 FCバルセロナ」
私は欧州サッカーが、
大好きな人なんですね。

そして見事に、
バルセロナが優勝しました。
まあ圧勝でしたから、本当に今シーズンは
強いなんてもんじゃないですよね。
パス回しとか、スゴ過ぎます……。

軽く説明をすると、Jリーグと同様に
ヨーロッパにはイタリアの「セリエA」とか、
ドイツの「ブンデスリーガ」など、
各国の国内リーグがあります。
その中の優勝チームや準優勝チームが、
ヨーロッパナンバーワンを決める戦いをするわけです。
ちなみに優勝すると日本に来て、
南米やアジアの王者なども含め、
さらにトップを目指しますね。
(といって、レベルは欧州内のほうが高いわけですが)

とくに今回は、
前回優勝で今年もイングランドで優勝した
マンチェスターに、
スペインで優勝したバルセロナです。

しかも
「いま世界で一番うまいサッカープレイヤーは?」
と聞かれたら、
間違いなく二人のうちのどっちか。

クリスチャーノ・ロナウド(マンチェスター・ポルトガル代表)

リオネル・メッシ(バルセロナ・アルゼンチン代表)。

この二人の戦いも実現しているわけです。
そりゃ3時半に起きてでも、見ますよね。

で、バルセロナが勝った。
メッシも1得点をあげたのですが、
このチームのスゴいところは、
本当は「選手育成」なんです。

バルセロナのチームには、
「カンデラ」
という有名な下部組織があります。
ここでは学校教育を含めたすべての面倒を、
選手が子どものころから見てくれるわけです。
たとえば、先のメッシ
ですが、
彼は11歳のときに病気で
将来サッカー選手になる夢を断念しようとします。
ところが入団テストに合格すると、
「治療まで含めて面倒見るよ」
ということで、
家族まで含めて引き取ってしまう。
そんな才能が、
いま10年経って開花している……
ということなんですね。

ほかキャプテンのプジョルに、
中盤でゲームの立役者、
シャビとイニエスタなどなど。
スペイン代表の選手陣も
「バルセロナに育てられた」
という人ばかり。
もちろんそうでない選手もいますが、
「自主育成」に
こだわっているのはダントツ。

ただでさえビジネス界も含め、
世は
「即戦力をどっかから求める」
という組織ばかり。
そんななかでバルセロナの考え方は、
とても大切なことを
教えてくれているような気がします。
(写真はYomiuri On-Lineから)

200905289570551l

|

« 心理学の大先生がおっしゃっていたこと | トップページ | 「ちょっと親切にすること」の大きな効果 »

公私混同の時間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/29836799

この記事へのトラックバック一覧です: FCバルセロナ、やっぱり強い!……その秘密は?:

« 心理学の大先生がおっしゃっていたこと | トップページ | 「ちょっと親切にすること」の大きな効果 »