« 「ビジネス書を読む人」と「読まない人」の境界を埋めるには? | トップページ | コインランドリーの80分 »

「ライト・カップヌードル」のアイデア

先日、夕方に打合せがあったとき
「差し入れです!」
ということで、
お弁当やお惣菜を
大量にいただいたことがありました。

「ありがとうございます!」
と、
とても嬉しかったのですが、
こちらは一人で仕事をしている身。
とても全部は食べきれません。
夕飯にできるだけを消化し、
あとは明日のランチにしよう……
ということにしました。

で、次の日の昼、
「昨日の夜と同じ」
では味気ないし、
ちょっと残り分では、
「一食にしては少ないかな」
という感じだったんです。

「久しぶりにカップヌードルでも買おうかな」
「でも、それでは重すぎるかな」
とコンビニに寄ってみたら、
ちゃんとこういうのがあったんですね。

『カップヌードル・ライト』
という商品。

何でも独自の方法で実現した、
しっかり美味しいカロリー198キロだとか。
食べてみると「ちょっと薄いかな」
という印象はあったものの、
お馴染みの“カップヌードル感”は
そのままでした。

「安心」「安全」「健康」「環境」
なんていうのは、
21世紀に売れる商品のキーワードだとか。
低カロリー商品というのは、
いまや定番になりつつありますね。

でも、こうやって
「カップヌードル」が低カロリーになると、
お弁当+ヌードル
とか
サンドイッチ+ヌードル 
おにぎり+ヌードル
と、
新しい食べ方のバリエーションも
広がってくるような気がします。

「低カロリー」というのは、
単純にいえば、
「削る」とか「少なくする」
という発想なのですが、
それによって新しい需要を
掘り起こすこともできるんですね。

そういえば単に
「量を少なくしたカップヌードル」
もあった気がしたのですが、
あれはまだあるのかな。


090408_121407

|

« 「ビジネス書を読む人」と「読まない人」の境界を埋めるには? | トップページ | コインランドリーの80分 »

効率無視の仕事術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/29174487

この記事へのトラックバック一覧です: 「ライト・カップヌードル」のアイデア:

« 「ビジネス書を読む人」と「読まない人」の境界を埋めるには? | トップページ | コインランドリーの80分 »