« 平泉の美術品で、日本文化にふれてみる | トップページ | 「ビジネス書を読む人」と「読まない人」の境界を埋めるには? »

みなとみらいで、「お陰さま」のベストショット

横浜のみなとみらい、に、
「某」といっても
すぐにわかるのでしょうが(笑)
公営のとある保険機関があります。

先日、妹がここに加盟したいそうなので、
私が車を出して、
甥っ子と一緒につれていきました。

で、この場所、
高層ビルの上のほうにあり、
横浜の景色がパノラマで見れるわけです。
しかもちょうど下には、
復元された「日本丸」があります。

甥っ子は
「おふね〜」と、
それが見たくて仕方がありません。
でも、船が見れる窓は、
じつは会社の皆さんが仕事をしている
オフィスの中のほうにあるんです。

「そっちへ行っちゃいけないよ〜」
と言いながら、
オフィスの裏に侵入。
私も上のほうから、
ついつい船を展望してしまう。
「デカイなあ」なんて……。

そんなことをしていると、
会社の人が近づいてきます。

「あの……」
「あっ! すみません! すぐ出ます!」
「いいんですよ! ゆっくり見ていってください。
 向こうにお茶を出しておきましたから」

優しいんですねえ……。
お陰さまで、
こんな「日本丸」の
ベストショットを撮ることもできました。

保険機関ですものね。
やっぱり配慮していただくと、
困ったときにも安心そうな気がしてきます。
たったこれだけのことで、
来訪者には
「いいところだなあ」と、
感じさせることもできるわけですね。

ちなみに横浜港は
今年が開港150周年だとのこと。
来週くらいからは、
さまざまなイベントが催されるそうです。
楽しみですね!

090414_160035

|

« 平泉の美術品で、日本文化にふれてみる | トップページ | 「ビジネス書を読む人」と「読まない人」の境界を埋めるには? »

夏川が出会った「デキる人」たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/29144931

この記事へのトラックバック一覧です: みなとみらいで、「お陰さま」のベストショット:

« 平泉の美術品で、日本文化にふれてみる | トップページ | 「ビジネス書を読む人」と「読まない人」の境界を埋めるには? »