« やっぱり「歩いている人」は違う! | トップページ | 「ラフさ」と「優雅さ」の使い分け »

へえ、こんなところに白鷺がいるんだ

写真はケータイで
離れたところから撮ったもの。
ちょっと、わかりにくいとは思います。

じつはこれ
「シラサギ」なんです。
実物は真っ白で、
非常に美しい姿をしていました。

で、これを見つけたのが、
都内のど真ん中、
「江戸川橋」
の真下です。

東京の有楽町線に
「江戸川橋」
という駅がありますが、
もちろん、その名のとおりの橋はあります。
けれども現在は道路のある
極めて普通の橋。
下は神田川で、
広くもないし、
決して美しい川でもありません。
春には桜の名所になりますが、
まあ普通の都内の川……。

で、近くの出版社に打合せで行ったのですが、
ふと下を見ると、
真っ白の大きな鳥が、
ちょこちょこ
動いているわけです。
アヒルでも白鳥でもありません、
よく見るとサギ。
「へえ、こんなところにいるんだ」
と感心してしまいました。

そもそも東京で
「シラサギを見る」
なんてことも少ないと思います。
ちなみにググってみると、
出てきたのは
野鳥公園や新宿御苑。
そういった自然のあるところなら、
確かにわかる。
でも、ここは道路の脇ですし、
上には首都高が通っているわけです。
改めてその生命力には、
関心してしまいました。

むろん、
この地域にいる人には、
通常の光景なのかもしれません。
でも、東京のど真ん中でも、
探せば「自然」は
あるものなんですね。
周囲をよく観察すると、
意外な発見があるかもしれませんよ。

090317_112916

|

« やっぱり「歩いている人」は違う! | トップページ | 「ラフさ」と「優雅さ」の使い分け »

公私混同の時間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/28660551

この記事へのトラックバック一覧です: へえ、こんなところに白鷺がいるんだ:

« やっぱり「歩いている人」は違う! | トップページ | 「ラフさ」と「優雅さ」の使い分け »