« 一冊の本の寿命……お疲れさまでした! | トップページ | 原監督流のリーダーシップとは? »

「ありがとう」という言葉の強力なパワー

つい1時間くらい前、
事務所に戻ってテレビをつけたら
「ありがとう侍ジャパン!」
のテロップが踊っていました。

優勝したのですね……。

いや、アメリカを破って十分とも
思ったのですが、
流石の流石。
今日の夜は日本中
「ありがとう」
の気持ちいい気分で
過ごせるのではないかと思います。

で、
その「ありがとう」なのですが、
ちょうどWRC日本代表が優秀を決めたころ、
じつは私は、仕事で
「ありがとうの伝道師」
とも呼べる方に
お会いしていました。

それが誰かというと、
KUURAKUという
焼き鳥屋さん等のチェーンを
展開するグループ企業の社長を務める
福原裕一さん、という方です。

KUURAKUのグループ店舗は、
すでに18を数え、
学習塾やコンサルタント業務
なども展開しています。
その大成功の基盤には、
じつは
「ありがとう」
が浸透した組織を
つくったことが理由だとのこと。

「仕事ができる人」というと、
私たちは「ありがとう」を言われる人
を目指すように思ってしまいます。
けれども福原社長は、
まずは「ありがとう」と
感謝の気持ちを持つことが
大事だとおっしゃります。

でも、それで何かが変わるのでしょうか?

変わりますよね。
だって今日を考えてみれば、
まさに私など、
「ありがとう侍ジャパン!」
で非常にいい気持ちになっているわけです。
みんながそんな気持ちになって
一つの仕事ができるなら、
確かに、あらゆることが
うまくいかないわけがない気もします……。

下記は
『あなたのハッピー&サンクスは
 何ですか?』
(マガジンハウス)
という福原社長の著書。
短い物語で、そのエッセンスが
非常によくわかります。

51eoz7ch7bl

|

« 一冊の本の寿命……お疲れさまでした! | トップページ | 原監督流のリーダーシップとは? »

夏川が出会った「デキる人」たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/28783683

この記事へのトラックバック一覧です: 「ありがとう」という言葉の強力なパワー:

« 一冊の本の寿命……お疲れさまでした! | トップページ | 原監督流のリーダーシップとは? »