« 情報交換できるのは、いいことだ | トップページ | 幻のワインをいただきました! »

なぜ、スタバには「仕事ができる人」が多いのか?

[私、夏川賀央は、ビジネス書作家です。
 ふつうビジネス書作家であれば、

「仕事に役立つ本」を紹介していくのが筋だろうとは思います。
 けれども、夏川は“逆転発想”をテーマとして、いままで本を書いてきました。
 だから私の書評では、仕事に役立つかどうかを別にして、

「思考の土台を根本的に変えるきっかけになりそうな本」を選んでいきます。
 いったいどんなものが集まるか……それはわかりません。
 ただ集めておけば、自分に役立つかも、ということで、

 きわめて個人的な読書ノートをつくっていきます]

そこで今回、紹介するのは、

『スターバックスを世界一にするために
 守り続けた大切な原則』
(日本経済新聞社)
という本。

スターバックスの社長であった
ハワード・ビーハーさんが
書いた本ですね。

スタバに行くと、
ときおり感心することがあります。

というのも、
私は喫茶でもスタバを利用するのですが、
それ以外によく、
豆のほうを購入するわけです。
「事務所でコーヒーを煎れて飲む派」
なものですから。

で、近くのスタバでは
豆がずらっと並んでいます。
「どれにしようかな」と迷っていれば、
必ず店員さんが寄ってきて
「今日のお勧めはこれなんですよ。
飲んでみてください」
と、小さなカップで
試飲させてくれるわけです。

その辺は大変、
「気が利くな」と嬉しくなるわけですね。

ただ、そういう「気が利く人」になる
第一条件として、本でビーハー氏は
「自分の帽子を被れ」
と言っているわけです。

つまり、そういう気が利く行為に対して、
「自分がやりたいことだな」
と感じた人だけが、
この会社では成功できるんだと、
最初から価値観を擦り合わせを要求するわけです。

別に仕事のやり方、考え方は一つではない。
大切なのは、
「自分に合ったもの」を選ぶこと。
これは会社選びや仕事選びだけでなく、
あらゆる考え方や、ビジネスノウハウにも
言えることなのかもしれません。

「会社のための本」ではなく、
「個人のための本」として
読んでほしい一冊ですね。

51msoy3veul_ss500_

|

« 情報交換できるのは、いいことだ | トップページ | 幻のワインをいただきました! »

常識転換の読書術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/28718173

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ、スタバには「仕事ができる人」が多いのか?:

« 情報交換できるのは、いいことだ | トップページ | 幻のワインをいただきました! »