« 「わからないことを教える」って大変なこと | トップページ | 夜は“コタツで原稿を書く作家”モードに変更! »

ホンッとに優しい税務署の人たち

昨日の続き……になりますが、
本日は会社の申告日の締め切り。
一応は社長を務める私です。
決算書等を持って、
税務署に行って参りました。

しかし、
いつもいつも思うのですが、
法人税課の税務署の人たちって、
本当に優しい……。
そう思うの私だけ??

いや、こちらがチンプンカンプン、
不完全なまま申告書を持っていても、
時間をかけて、
懇切丁寧に教えてくださいます。
「お手数をかけてすみません」
と、こちらは申し訳なく思うのですが、
「いえいえ、とんでもありません」と
頭を下げる。

私の管轄地域だけなのか。
はたまた時期的に今は暇なのか。
詳細はよくわかりませんが、
個人で確定申告をしていたときは、
こんなに優しくなかった気がします。
そういうものなのでしょうか……。

まあ考えてみれば、
「税金を払う」のですから、
ひょっとしたら不愉快な気持ちで
窓口に来る方が多いのかもしれません。

けれども、
かつて納税額ナンバーワンだった
齋藤一人さんは
「世の中にそれだけ貢献できるのだから、
税金を払うときほど嬉しいことはない」
なんてことを書いていました。

そんなふうに
「払えることがありがたい」
とまではいきませんが、
「法人税をおさめるオレってカッコいい」
なんて、
私もこの日だけは
少し“社長”を自覚して税務署に行くわけです。
だから、
「税務署の人は優しいな」と
素直に感じられるのかもしれませんね。

まあ今月は世の中、確定申告です。
どうせ払うのなら、
気持ちよく払ったほうがいいかもしれませんよ。

090302_141015

|

« 「わからないことを教える」って大変なこと | トップページ | 夜は“コタツで原稿を書く作家”モードに変更! »

夏川が出会った「デキる人」たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/28437317

この記事へのトラックバック一覧です: ホンッとに優しい税務署の人たち:

« 「わからないことを教える」って大変なこと | トップページ | 夜は“コタツで原稿を書く作家”モードに変更! »