« 幻のワインをいただきました! | トップページ | 一冊の本の寿命……お疲れさまでした! »

疑問をもったら調べてみる

恵比寿に「Bar de Ollaria」という
スペイン料理のお店があります。
「バル・デ・オジャリア」
と読むらしいのですが、
ここでは「オジャ」という
料理を食べさせてもらえるわけです。

この「オジャ」という料理は、
日本で言う
「おじや」
なのだとのこと。
言い換えれば「雑炊」ですが、
典型的な日本人の食べ物と思いきや、
発祥はスペインにあった。
これは、意外や意外です。

ただ、
「オジャ」のほうは、
ご飯にお味噌汁を
ぶっかけたものとは違います。
サフランライスをスープで煮込んだ、
なかなかもの。
種類もたくさんあるようですので、
ぜひ試してみていただけたらと思います。

けれども、考えてみると、
「パエリア」とか「オムライス」とか、
スペイン料理って、
「米」が多いですよね。
フランス料理でもイタリアでも料理でも、
それほどではない。
ましてや「オジャ」なんて感じで、
この米大国の日本に、
古くから逆輸入もしかけていたわけです。
いったい、どういう経緯なんでしょう?

で、疑問をもったら調べてみる。
なぜスペインで、
そんなに米が食べられるのかといえば、
起源は中世の頃、
イスラム圏に組み込まれていたことが
発端だそうです。

そういえば、確かに
私がかつてエジプトにいたときも、
米とマカロニを一緒にミートースで
炒めたような料理がありました。
もとはインドが起源だそですが、
案外とイスラム圏でも、
米を食べているんですね。

でも、スペインにこれが定着したのは、
やはり環境のメリット。
砂漠が多いイスラム圏では、
なかなか米作は大変です。
しかしスペインのバレンシアなどは、
非常に水の豊かな地域。
ということで、
ここでは稲作が、
非常に広がっていったそうです。

いまでも水田がバーッと広がっているようですので、
ぜひ、その光景は見てみたいですね。

ということで、
一つ疑問を追求すると、
こんなふうに、
いろんな知識に広がっていくわけです。
それだけで人生は何倍も楽しめる……
と思えば、
「どうでもいいか」と、
ほっとくのはもったいないですね。

090310_122836

|

« 幻のワインをいただきました! | トップページ | 一冊の本の寿命……お疲れさまでした! »

効率無視の仕事術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/28746416

この記事へのトラックバック一覧です: 疑問をもったら調べてみる:

« 幻のワインをいただきました! | トップページ | 一冊の本の寿命……お疲れさまでした! »