« 「やる気」でなく、「やれる気」にしてくれる本! | トップページ | 「定番の味」と「新しい味」……2倍楽しめるラーメン屋さん »

もっと「自分が主役」の人生を

[私、夏川賀央は、ビジネス書作家です。
 ふつうビジネス書作家であれば、

「仕事に役立つ本」を紹介していくのが筋だろうとは思います。
 けれども、夏川は“逆転発想”をテーマとして、いままで本を書いてきました。
 だから私の書評では、仕事に役立つかどうかを別にして、

「思考の土台を根本的に変えるきっかけになりそうな本」を選んでいきます。
 いったいどんなものが集まるか……それはわかりません。
 ただ集めておけば、自分に役立つかも、ということで、

 きわめて個人的な読書ノートをつくっていきます]

そこで今回、紹介するのは、
心理学者ウェイン・W・ダイヤー博士の

『「頭のいい人」はシンプルに生きる』
(三笠書房)

という本。昨年か、一昨年前くらいに、
ベストセラーになった本だと記憶しています。
ですが、私の手元にある一冊には

『どう生きるか、自分の人生!』

というタイトルが付いています。
リニューアルされたのでしょうが、
それでもよく売れるくらい
「定番になっている本」ということでしょうね。

それでダイヤーさんの主張というのは、
誤解をおそれずに一言で言ってしまえば、
「もっと自分に素直になる」
ということ。

もっと言えば
「わがままになる」
ということだと思います。

本書の出だしも
「あなたはこれから先、他人の意のままに、
犠牲者になる必要はさらさらない」
という、スゴい文句から始まっています。

つまり、
「あらゆることを、
 もっと自分が主体となって考えていこう」
ということなんですね。

この不況下、何となく不満を抱えている人を見ると、
「世の中がこうだから」とか、
「会社がこうだから」「上司がこうだから」と、
どうも主体が、「他所の誰か」に
なってしまっているように見えます。

気持ちはわかりますが、
それでは日常生活も、仕事も、
面白くなくなる気がするのです。
だって
「誰かのせいで、我慢しなきゃならない」
という結論にしかならないじゃないですか。

ダイヤー博士の意見は、
ちょっと視点を変えるだけで、
誰だって「自分が主役」の人生を選べる、
ということだと思います。
そうすれば、自分をとりまく状況も、
どんどん変わっていくような気がする……。
そう思うのは私だけではないでしょう。

いまの時代だからこそ、
読んでほしい一冊ですね。


51z153gpcwl1_ss500_

|

« 「やる気」でなく、「やれる気」にしてくれる本! | トップページ | 「定番の味」と「新しい味」……2倍楽しめるラーメン屋さん »

常識転換の読書術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/28079809

この記事へのトラックバック一覧です: もっと「自分が主役」の人生を:

« 「やる気」でなく、「やれる気」にしてくれる本! | トップページ | 「定番の味」と「新しい味」……2倍楽しめるラーメン屋さん »