« 「定番の味」と「新しい味」……2倍楽しめるラーメン屋さん | トップページ | あの「LEGO」から学べること »

今度の007、見本にできることは……?

ビジネス作家をしている私にとって
「仕事ができる人の見本」
といえば、
なんといってもジェームズ・ボンドなんです。
…………
まあ、そうでなければルパン3世なんですが、
この二人は双璧なわけです。
とにかく、そういうことにしておいてください。

というわけで最新作
『007 慰めの報酬』
を観て参りました
前作『カジノロワイヤル』に続いて、
ダニエル・クレイグが演じるボンドの
二作目ですね。

で、感想ですが、
007の世界には、大きな変化が起こってしまいました。
どういうことかといえば、
もはや今度のボンドは、結果は出すけれど、
必ずしも「仕事ができる人」とは言えない。
暴走するは、殺し過ぎるは、
はたまた感情に流されるわ……で、
むしろ“問題社員”になっているわけです。

今回の任務に関しても、
大きな動機づけが
「個人的な復讐」
……だったわけですから、
まあ、世界を守ってきた旧来の007とは
ずいぶん変わりましたな。

けれども、そんな新しいシリーズで、
面白い点は、
上司である「M」の役割かもしれません。
オスカーで助演女優賞なども受賞している、
名優のジュディ・デンチさんが演じているわけですが、
ときには庇い、ときには突き放しと……、
なかなかの上司ぶり。

そんなふうに今シリーズは、
できる上司「M」と
突っ走る部下「ボンド」の関係が
非常にリアルになっているわけです。
この点はちょっと、先が楽しみかもしれません。

マネジメントで苦労している方、
部下に振り回されている方。
とくにMのように「女性上司である」という方は、
参考にできるかも……です!

1005970_01

|

« 「定番の味」と「新しい味」……2倍楽しめるラーメン屋さん | トップページ | あの「LEGO」から学べること »

公私混同の時間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/28135875

この記事へのトラックバック一覧です: 今度の007、見本にできることは……?:

« 「定番の味」と「新しい味」……2倍楽しめるラーメン屋さん | トップページ | あの「LEGO」から学べること »