« リハーサルの効果 | トップページ | 「損得」を抜きにするから、人脈は強くなる »

夏川初の講演を終えました!

ということで、本日の10時から一時間半、
品川区立中小企業センターにて
『人脈作りで大成功する人・大失敗する人』
というテーマの講演を
無事……? 
終了させていただきました。

まあ、とにかく緊張しましたねえ(笑)

むろん講義のようなことは
何度か経験しています。
それでも今回のように、本で書いたテーマについて、
自分自身の独演というのはありませんでした。

しかも、無料で、平日で、商工会議所の主宰
……と聞き、非常に失礼なのですが
「まあ、近所の暇な方々が来ているのかな」
なんて勝手に思ってしまったわけです。
でも、フタを空ければ、
スーツをバリッと着た、若手から年輩の方々まで、
真剣な眼差しの聴講生が定員の40人を超え、
なんと60人以上もいらっしゃっていたわけです。

本当にありがたいこと!
とはいえ、最初は
気力で押されそうになってしまいました(笑)

まあ人前が苦手の私ですから、
皆さまにどれくらい満足いただけたかはわかりません。
けれども、私自身は非常にいい経験をさせていただきました。
集まってくださった皆さまに、
この場を借りて大きな感謝の意を伝えさせていただきます。

なかでも本当に嬉しかったのは、
「このブログを見て、申し込みました!」
という方がいらっしゃったこと。
Iさん、Fさん、ありがとうございました!

なお講演にいらっしゃれなかった方のために、
レジュメのみ、ここで公開しておきます。

--------------------------------------------------------
「人脈作り」で大成功する人・大失敗する人
  〜逆転発想の人間関係術

1 どうして「人脈」が大切なのか?
 ●いま成功している人のほとんどは「人脈」を生かしている人
  ・実力主義の時代、プロフェッショナル能力=いかに人を知っているか
  ・採用・転職……実績より信用がものを言う
  ・新しいアイデアを出すのは、ひとりの力ではできない
 ●経営者だって人脈が大切
  ・人脈重視は、今に始まったことではない……トップ層にはネットワークがある
     ☆明治維新
     ☆日本の系列
     ☆欧米は日本以上
  ・不況期には人脈がものを言う……新しい変化を生み出せるか?
  ・フリーランサーの時代……たくさんの頭脳を使える人が勝利する
 ●高齢社会で幸せになれる人
  ・素晴らしい経験をどこまで生かせるか?
  ・100年続く人生、ずっと引退していられるか?
  ・思考が「尻すぼみ」になっていかないか?
  ・「何か新しいことができるきっかけ」を用意しているか?

2 なぜ、いままでの「人脈づくり」ではダメなのか?
 ●「タテのつながり」より「ヨコのつながり」
  ・“会社の枠”の中で生まれる固定観念
  ・優れた思考は「会社の外」にある……「別業界の発想」を取り入れられるか
  ・社内でヨコのネットワークが存在しているか……実力主義の弊害
  ・世代の違う人脈、価値観の異なる人脈をどれくらい持っているか?
 ●「信頼性」がモノを言う時代
  ・名刺だけで仕事が動く時代は終わっている
  ・望まれているのは「ウィン−ウィン関係」以上のもの
  ・「得する相手」より「裏切らない相手」……より関係は密接型へ
 ●「期待性」がモノを言う
  ・どんなときに目の前の人ともっと人間関係を深めたいと思うか
  ・どうすればもっと自分のことを理解させられるか?
  ・「公私混同」というキーワード

3 どうすれば「人脈づくりで成功する人」になれるのか?
(1)基礎的なこと
 1 まず身近な人、に目を向ける
   ……そのキーワードは「公私混同」です
  ・家族と“恊働関係”になれますか?
  ・友人と未来について話をしていますか?
  ・社内に「公私混同」の関係はありますか?
 2 接触の機会を多くする
   ……やっぱりキーワードは「公私混同」です
  ・どれくらい会社の外に出ているか?
  ・相談者をどれくらい持っているか?
  ・デジタルツールを生かしているか?
(2)素直に自分を見つめてみる
  ●プライドや偏見に縛られていないか?
  ●人間関係にムリをしていないか?……素直に「好きな人」を選んでみる
  ●「相手の立場」を考えているか?……“話のわかる人”になる
  ●自分の不満を棚上げにしていないか?
  ●自分の能力を過大評価していないか?
   ……パートさんからだって学べることはたくさんある
  ●自分の能力を過小評価していないか?
   ……これまで培った経験を軽んじていないか?
    →あなたが「相手に役立てること」は一体何なのか?
(3)自己主張をしてみる
  ●「私はこうしたい」という、わがままを表明しているか?
  ●“自分っぽさ”が周りの人に受け入れられているか?
  ●「面白そう」と思ったことを表明しているか
   ……人に「期待してもらう」には?
(4)寛容になる
  ●「見返り」ばかりを求めてはいないか?
    ……ウィリアム・グラッサー「相手の意思をコントロールすることはできない」
      デール・カーネギー「人は自己重要感」で動く
  ●一期一会の発想……ただ「出会うこと」それ自体を楽しめるか
  ●「おもてなし」の考え方……人と人をつなげることを喜べるか
(5)楽しませる
  ●「相手を喜ばせる」ために何をすべきか?
  ●「誘うこと」を習慣にしていますか?
  ●「遊び」を研究していますか?
   ……世代の人を喜ばす——「ちょい不良」の発想
  ●「たわいもない話」をどれだけしているか?
  ●「嫌がる誘い方」をしていないか?
    →人を楽しませるには「研究」が必要です!
(6)夢を描く
  ●人に「アイデア」を提示していますか?
    →坂本龍馬の発想
  ●ウソでも「ポジティブな発言」を心がける
    →成功する経営者の口ぐせ
  ●「この人」と「この人」と「この人」をつなげたら、何が起こるか?
    →「人脈発想力」を鍛える
  ●人の長所に目を向けてみましょう
(7)最後は「優しく」なってください
  ●「やさしい」=人間関係スキルです
  ●基本は次の二つ
    1 相手の立場を理解する
    2 その上で、どうしたら役に立てるかと考える
  ●「自分の話」ばかりをしていませんか
  ●デール・カーネギーの教え
  ●「おせっかい=関心」を持つ……古きよき日本の社内関係
  ●「ゆるす」「認める」「待つ」の発想

|

« リハーサルの効果 | トップページ | 「損得」を抜きにするから、人脈は強くなる »

お仕事のページ」カテゴリの記事

コメント

夏川様
先日の講演会非常にすばらしかったです!
これからも応援しております

投稿: 仕事のとれる名刺の専門家@福田剛大 | 2009年3月 3日 (火) 20時20分

いえいえ、
こちらこそ本当にありがとうございました!
今後とも宜しくお願います。

投稿: 夏川賀央 | 2009年3月 3日 (火) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/28341237

この記事へのトラックバック一覧です: 夏川初の講演を終えました!:

» [イベント] 東商セミナー:「人脈作り」で大成功する人・大失敗する人 [三人寄れば文殊の知恵]
 昨日は、東京商工会議所品川支部の主催するセミナーに参加してきました。  「人脈作り」で大成功する人・大失敗する人~逆転発想の人間関係術 というテーマで、「成功しちゃう「人脈」はじつは公私混同ばかり」の著者、夏川賀央さんが講演してくださいました。  セミナーでは、冒頭から「目的を持った人脈作り」「何らかのメリットを追求した人脈作り」「とりあえず量をかせぐ人脈作り」といったものに、はたして意味があるのか?またそういうやり方でほんとうの人脈ができるのか?という問いかけがなされました。  結局のところ、広... [続きを読む]

受信: 2009年3月 3日 (火) 12時06分

« リハーサルの効果 | トップページ | 「損得」を抜きにするから、人脈は強くなる »