« 今度の007、見本にできることは……? | トップページ | シトロエンに感謝! »

あの「LEGO」から学べること

写真を見て、
「あっ! 懐かしいな!」と感じる方も
いらっしゃるかもしれません。
そうブロックの定番、
「LEGO」ですね。

先日、はたまた2歳の甥っ子を遊びに連れていく機会があり、
町田にあるアウトレットに行ってきました。

そこに「LEGOショップ」があったんです。
中には自由に「LEGO」を組み立てられる遊び場があり
甥は「機関車をつくってくれ」とせがむ。
で、作り始めた……。
思わずのめり込んでしまいましたねえ。

で、出来たのは
「これ汽車なの?」と、
言われなきゃわからないような品物
……ですが、
それでも甥は
「ぽっぽ! ぽっぽ!」
と言って、動かして遊びだすんです。

すごい想像力!……ですが、
こういう柔軟性を学べるのが、
「LEGO」のいいところなのかもしれません。
楽しさの基本は、こんなふうに
発想を楽しめるところにあるんでしょうね。

考えてみれば、
「LEGO」というのは、
数年前までは危機と言われるくらい、
深刻な経営困難を抱えていました。
デンマークの会社ですが、
社長が何人も変わり、
関連事業も多く切り離しました。
けれども最近は
「お客さんとのコラボレーション」を重視し、
再び好調を取り戻しているわけです。
この不況下に見上げたものと思います。

そもそも「LEGO」は
木工所が発端だったとのこと。
ところが火事で材木が焼けてしまったり、
世界恐慌のあおりを受けて、経営も傾く。
でも、この会社はめげなかった。
わずかに残った材木で
「縮小模型」
をつくり始めたということなんです。
これが後の「LEGO」につながったとか。
もともとが“柔軟な発想”で生き残った会社なんですね。

現在の不況期、この発想力は、
多くの会社にとって役立つものではないでしょうか?

090213_145959

|

« 今度の007、見本にできることは……? | トップページ | シトロエンに感謝! »

効率無視の仕事術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/28159826

この記事へのトラックバック一覧です: あの「LEGO」から学べること:

« 今度の007、見本にできることは……? | トップページ | シトロエンに感謝! »