« 「妄想力」……その秘密は | トップページ | いままで観た邦画で、いちばん“洋画っぽかった”作品 »

オバマ大統領の就任演説を見て

今日はテレビでもラジオでも、
昨日のオバマ大統領の話でもちきりですね。

私も昨日は深夜に執筆作業をしながら、
就任演説をテレビで見ました。
さすが、大勢の聴衆一人ひとりを見つめるようにして
力強くメッセージを語る姿。
我が国のトップと比べてしまうとなんですが、
格好いいなあと思いますよね。

でも、よくオバマさんは「カリスマ」と言われますが、
私はちょっと違うような気がしているんです。

それはオバマさんのキーワード、
「Yes, We Can」
に象徴されると思います。
つまり、いままでのカリスマリーダーは、
「Yes, I Can」だった。
オレにはできる。だから任せて、ついてこい————と。

でも、オバマはつねに
「私たちにはできる。だから一緒にやろう!」
なんです。
これはトップダウンの“カリスマ型リーダー”より、
むしろ人を平等に横方向でまとめていく
“ネットワーク型リーダー”
を目指そうとしているのだと思います。

そういう思考で昨日の演説を聴くと、
まず出だしは
「ブッシュ前大統領への感謝」
で始まるわけです。
それから自分の出自ではないけれど、
「アングロサクソンがつくったアメリカへの尊敬」
があり、あらゆる宗教の違う人に問いかける。
そして人種や宗教の違いをひとまとめにして
「アメリカ国民である、私たちには責任があるんだ」
と。

なんでも宣誓をした司教は
オバマと対立する意見の持ち主だとのこと。
それをわざわざ指名して、お願いしたとか。

敵も味方もなく、すべての人を巻き込んで
「WE(私たち)」
という一言でまとめていく。
オバマさんが一番チェンジしたのは、
ひょっとしたら
「リーダーの形」なのかもしれません。

これから、どんなふうになっていくんでしょうかね!

(画像はasahi.comより)

206

|

« 「妄想力」……その秘密は | トップページ | いままで観た邦画で、いちばん“洋画っぽかった”作品 »

夏川が出会った「デキる人」たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1136908/27347335

この記事へのトラックバック一覧です: オバマ大統領の就任演説を見て:

« 「妄想力」……その秘密は | トップページ | いままで観た邦画で、いちばん“洋画っぽかった”作品 »